ジャカード弾性バンド回復率のテスト

《編物の弾性回復試験方法》の基準に従い、al-7000s引張試験機を使用して、コンピュータージャカード弾性ベルトの弾性回復を繰り返しストレッチ法で試験した。 固定伸びを50%に設定し、XNUMX回繰り返し伸び、次式に従って弾性回復率(P)を計算し、XNUMX回測定して平均値を求めます。

p=L1-L2/L1-L0×100%

ここで、L0 —間隔の長さ、mm;

L1 —固定伸びまで伸ばされたサンプルの長さmm。

L2 —ゼロ位置に戻り、3分間停止した後、プリテンションを適用した後のサンプルの長さ、mm。

コンピュータジャカード弾性バンドの弾性回復率の試験結果を上記の表3と図6に示し、水洗の偏差図を図7に示します。

コンピュータジャカード弾性バンドの弾性回復率と偏差率には、洗浄テスト後の明確な規則がないことがわかります。 PET / PTT複合糸とポリエステル低弾性糸の比率が5:0のコンピュータージャカード弾性バンドの弾性回復率は50回の洗浄後に最大であり、洗浄前後の偏差率は最小であり、疲労抵抗は最高です。

 

 

By | 2020-01-14T15:33:11+08:00 7月10th、2019|業界ニュース|0のコメント

著者について:

コメントを残す